​※2019年6月10日をもって終了しました。

イベント「異世界修学旅行」

都立鯨津高等学校 2年1組は貸切バスで修学旅行の真っ最中!

なんてったって年に数度のビックイベント!きっと楽しい旅行になるはず!

 

────だった。

 

2019年、5月某日。

事件は、旅先に向かうバスの中で起こった。

突然の強い衝撃により気を失っていた貴方達。

 

目を開けるとそこは────まさかの異世界!?

赤く染まる空、教科書でしか見たことのない街並みに 妖怪!?幽霊!?大騒ぎ!!

私たち、これから一体どうなっちゃうの〜!?

西京都内はある不思議な事件のニュースで持ちきりであった。

ローマの観光スポットであるピサの斜塔よろしく

 

荒川城砦にバスが突き刺さっていた」のだ。

バスの中は無人。

怪我人は幸いにも出ず、この「荒川城砦 無人バス ピサの斜塔事件」は各所で話題にのぼった。

“バスが独りでに城砦に突き刺さっている”

ただそれだけならば些細な事だった。

 

なんせこの企画は星を爆破させることも、都庁を巨大ロボにする事だって可能なのだから。

問題はバスに取り付けられていたナンバープレートに「東京」の文字が記されていた事である。

 

これを確認したNECTER過激派の面々は東京側から迷い込んだ「東京人」が存在するとして確保を図り、調査を開始。

かくして、NECTERと迷い込んだ鯨津生達の鬼ごっこが幕を開けたのであった!